宇治産と西尾産抹茶「抹茶 千代昔」 40g
【産 地】
愛知県西尾産抹茶自家製仕上げ。農林水産大臣賞受賞茶園

【抹茶栽培】
薄茶は濃茶の栽培方法に比べて覆いも簡単なもので、ややタンニンも多いです。原料に使われるチャノキも、樹齢が3年から15〜6年くらいの若木の新芽が使われます。
江戸時代の頃から、お茶に『千代昔』などと言った銘をつけられるようになりました。茶銘に趣向を凝らして茶人らが楽しんでいたようです。
     
【召上り方】
 人数の多い茶会や禅寺のもてなしの際には、1人分ずつお茶を点てます。薄茶の前には干菓子が出されますが、生菓子を出すことも多いです。

お湯を茶碗に注いで温め、その中に茶筅を入れてゆっくり回して湿らせます。
茶碗のお湯を捨て、茶碗の内側を拭きます。
茶杓で抹茶を大盛り1杯半程すくって茶碗に入れます。
柄杓で60〜70ccのお湯を茶碗に一気に注ぎ入れます。
軽く茶碗を抑えながら、手早く茶筅でかき回します。泡の量は流派によって違います。
出されたお茶は、左手に茶碗を乗せて右手を添え、茶碗の正面を自分に向けて出されるので、正面を避けるように茶碗を回していただきます。
【内容量】
40g
定価 1,620円(税120円)
販売価格

1,620円(税120円)

購入数

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける